大人の修学旅行in気仙沼 男山本店さん編 2012.7.20
ご報告が遅れました...
「唐桑御殿(からくわごてん) つなかん」、建物完成後、初のお客様をお迎えしました!
7月7日七夕、「大人の修学旅行in気仙沼」のご一行のみなさま、30名です!
集合写真
以前ブログでご報告した5月の「大人の修学旅行in気仙沼」は盛屋水産の牡蠣たね挟み体験でした。
今回は気仙沼の蔵元 男山本店さんの日本酒の海中貯蔵体験。
盛屋水産は、船を出して海中に貯蔵するお手伝いです。
震災前からお手伝いさせていただいていた海中貯蔵の、めでたい再開です!

朝6時に夜行バスで気仙沼入りしたみなさん、男山本店さんの見学を経て、ようこそ、新生「つなかん」へ!
まずはボトルの貼るお名前入りのタグ作り。
ボトルラベル作り
そして、いざ、出航!いってらっしゃーい!いってきまーす!
出航!

銘酒 蒼天伝(そうてんでん、)、海中貯蔵の準備オッケー。
蒼天伝

海中貯蔵1
(写真:斉吉商店さんの「右腕」ともづな 小林峻さん ご提供)

海中貯蔵2
「ロープをみんなで持って沈めます。まさに「絆」でありました。」(写真とコメント:大人の修学旅行生 蛭田晴美さん ご提供)

海中貯蔵4
男山本店の社長さんも、ご一緒に。(写真提供:小林峻さん)

魚山さん
この方は、静岡から震災後、ここ唐桑に移住されたダイバー/水中カメラマン魚山さん、通称ウオさん。
水中の瓦礫撤去で盛屋水産が大変お世話になっており、社長和享が厚〜い信頼を寄せております。
今回は水中貯蔵の様子をボランティアでカメラに納めることを買って出てくれました!

さて、一方こちらは、一度に全員は船に乗り切れないため、第2便に乗船する待ち組の、カツオやホタテのおろし体験。
斉吉商店の和枝専務が先生。
カツオおろし1.5

やってみっぺし。よっ!と
カツオおろし2

手だけみると何やらオソロシゲですが…
カツオおろし4

初めてなのに大変上手にできました!ほら、お見事!
カツオおろし3

こちらは先日社長和享(やすたか)が釣り上げた巨大マンボウの肉を裂いている皆さん。
マンボウさばき

こちらは、あや子と床屋のおんちゃんを先生に、ホタテをさばく体験中。
ホタテ、生きてます。素早くやらないと道具をパクッと挟まれちゃう。
ホタテおろし1

ホタテおろし2

震災後、ここ唐桑で先日初の開口(漁協が日時を定める漁をしてもよい日)となったウニもお目見え!
みんなでウニ剥き。さっきまで生け簀にいたので鮮度はバツグン!
ウニ
(写真提供:蛭田晴美さん)

お、こちらでは、今回急遽お手伝いしてくださった 唐桑のおかーさんたち
あつこさんとゆきこさんが盛屋の牡蠣を準備中
牡蠣準備

さあ、自分たちでさばいた海の幸の「試食」でお昼!盛りつけはあや子の監督の下、ご自分たちで。
盛りつけ
(写真提供:蛭田晴美さん)

昼食
(写真提供:蛭田晴美さん)

海の幸もおいしかったけど、一代(いちよ)特製のおやつ「なべやき」、これもおいしかった!
和製ホットケーキのような東北の素朴なおやつ 今日は中身はゴマ、甘いお豆、くるみ、など。
シソを入れてもおいしいんだよー、と一代。
なべやき

はい、撮りまーす!
昼食風景2
こちらはJTB関係・そして今回取材にいらしていたテレビ関係の方々。

はい、こっちも、そっちも、撮りますよー!
張り切ってシャッター押したのに一部ピンぼけ...ごめんなさい...
昼食風景1

昼食風景3

昼食風景4

昼食風景5

昼食の時、ウオさんが話してくれた魅力的な海の話。
あちこちの海を潜ってきたウオさんが語る、あったかい南国の海とは違う、三陸の海の魅力の話に引き込まれます。
すごくいい表情で話しをしてくれたのに、またもやピンぼけ...ごめんなさい。
魚山さん2

そして、最後はみなさん、なんと当初予定していなかったにもかかわらず、ご自分たちで使った食器の片付けまでしてくださいました!
嬉しすぎ!ありがとうございますっ!
食器洗い

それにとどまらず...
外に山積みになっていた津波を被った沢山の食器たち
なかなか片付けに着手できずにいたものを、なんと皆さんで洗って片付けてくださったのです!
津波の食器

食器棚へ
(写真提供:蛭田晴美さん)
食器を拾い集めた日々を思い、こうして棚に収めていただいた食器を見て涙してしまった一代です。

みなさんの唐桑へのご訪問は、大きな励みです!
建物は完成したし(一部電気工事残すのみ)、体制についても準備中ですが、「唐桑御殿 つなかん」、正式オープンに向けて頑張っていきます!
最後は、このブログにたくさんの写真を提供してくださった この修学旅行の参加者、蛭田さんの撮ってくださったJTBのご担当者&今回のお手伝いメンバー写真でご報告を終わりにします。
JTBの越村さん&影山さん、ウオさんご夫妻、急遽お手伝いに入ってくれた唐桑のおかーさん あつこさん&ゆきこさん、唐桑に1年滞在してくれるボランティア しょーこちゃん&いつこちゃん、お疲れさま、ありがとう!
写真にはいらっしゃいませんが、男山本店のみなさん、斉吉商店の和枝専務とその「右腕」のともづな 小林君、お客様の笑顔が嬉しかったですね、お疲れさまでした!
お手伝いメンバー

牡蠣2illustrated by Masae Hatakeyama

「盛屋水産 つなぎ牡蠣ファンド」お陰様で1/17募集終了致しました。 
引き続き募集中のファンドはこちらです↓
http://oen.securite.jp/
07/20 14:23 | 見学体験のお客様 | CM:2 | TB:0
お名前

HOMEページ

Comments:

パスワード
   
http://moriyasuisan.blog.fc2.com/tb.php/55-6d837c39
* Trackbacks: *
template design by takamu
Copyright © 2006 盛屋水産 All Rights Reserved